管理業務主任者の仕事は稼げるのか

管理業務主任者とは稼げるお仕事なのでしょうか。はっきり言ってしまうと、人それぞれなので何とも言えません。というのも、資格を取得した後は、管理会社に就職して働くことがほとんどであることが理由です。
通常のサラリーマンと同様に、働く企業によって年収は異なります。実際に平均年収も約410万円程と言われており、他の業種とさほど大差はありません。しかし、年収以外に魅力が備わっているのです。

その魅力とは、ずばり安定性です。どんなに業績が良い企業であっても、提供しているサービスや商品がいつまでも安定した売り上げが続く保証はありません。メーカーは、リコールなどにより業績が悪化することもありますし、食品は安全性が危ぶまれることが発覚すると、あっという間にに危機が襲ってきます。
その点、マンション管理は、マンションが存在する限り仕事がなくなることがないのです。それどころか、年々マンションは増加傾向にありますので、将来性を考えても安定感を感じられる職業なのです。

また、企業から必要とされるということも理由の一つです。いくら優秀な能力を持っていても、企業が人員削減などで人を必要としなくなった場合、いつまでも働き続けることはできません。
しかし、マンション管理会社は管理業務主任者を必ず雇わなければならないと義務付けられております。つまり企業が業務を続けるにあたり、必ず必要な存在なのです。

管理業務主任者とは、稼げる仕事とは言い切れません。しかし安心して働き続けることができる魅力がある職業です。
過去に何度か転職を繰り返し、もうそろそろ安定をと考えている人は、選択肢の一つとして取り入れてみてはどうでしょうか。