管理業務主任者を合格した人の声

これから受験を考えている人は、すでに合格している先輩たちが、どのように勉強したのか、またどんな秘訣があるのか興味があると思います。そこで今回は、実際に資格試験に合格された人の中で、おすすめの学習方法とは何か、また試験を受けた感想なども交えて、体験談をいくつか紹介していきます。

皆さん口を揃えて言われるのが、学習する際は過去問をひたすらやったほうがいいという意見です。出題される問題は、広範囲に亘っているとはいえ、基本に沿った問題が多いです。だからこそ、テキストを読んで過去問を解き、内容を暗記するという、スタンダードな学習方法で問題ないようです。これは独学でも十分可能なことなので、通信講座や、自身でテキストを購入し対策したという人が目立ちました。

また国家試験の中ではわりと簡単な試験である、というイメージをお持ちの方は多いと思います。しかしそんなにたやすいものではありません。何の予備知識もなく勉強を始める方は、最低6カ月は学習した方がよいというアドバイスもありました。特に民法の分野は、テキストを読んでも理解できず、すぐに投げ出したくなるため、後回しにした方がそうです。逆にマンション適正化法の範囲は、暗記するだけで点数に直結するので、とっかかりとしておすすめです。過去問をひたすら解く、暗記をすればある程度点数を稼げるといった意見も目立ちました。

試験自体も、そこまで凝った問題やひねった問題はないため、ツボを押さえて学習すれば必ず受かると力強い声もありました。経験者の体験談を参考にしてみてはいかかでしょうか。

Comments are closed.